Landschaft

小さな出版社とオルタナティブスペース


landschaft-logomoji2020


小さな出版社とオルタナティブスペース



アンティーク本+ロゴ








Landschaft(ラントシャフト)は木曽川の畔、愛知県犬山市を拠点に2020年1月から活動をはじめた小さな出版社と、もう一つの場所のあり方を探ろうとするオルタナティブスペースです。一階は時々カフェ、二階が編集室となっています。

出版第二弾は漫画家・楠本まき作品を読み解く初めての試み、
『線と言葉 楠本まきの仕事』を刊行します。京都国際マンガミュージアムで開催中(6月10日〜8月30日)の展覧会関連書籍です。

『こどもと大人のてつがくじかん てつがくするとはどういうことか』も好評発売中です。

イベント等については、随時FB、ツイッター、インスタグラム等にアップします。



Twitter  
Facebook
Instagram
Note